チャンネル登録よろしくお願いいたします!

2013/12/30

ピストン西沢&ヤスタカDJ参戦記:12/28(sat) HyperSociety&FLASH!!!

ピストン西沢
長年愛する、ピストン西沢さんのDJで大盛り上がり(≧∇≦)
ワタクシのDJの師匠というくらい彼のJ-WAVE MIX MACHINEは何億万回も聞いてきたけど、
クラブで、夜に見るのはお初!
盛り上げ上手で、手さばきが凄い繊細でホレボレしちゃいました♡

まじめにエレクトロな音楽メインの選曲でしたが、途中AKBのフライングゲット混ぜてきてファンサービスしてましたw


中田ヤスタカ

ピス兄見終わった後めずしく梯子、DJの方に招待されてたので
FLASH!!@clubasiaへ!
中田ヤスタカ先生のDJは始まってましたが、ハイライトに間に合ってよかった!!
やはりSAMTから〜のにんじゃりばんばん、PartyMakerは激盛り上がりで汗だくでしたw
PartyMakerは盛り上がりすぎww

-ystk set list-
capsule - Motor Force
Perfume - Spending all my time (Cannes mix)
Perfume - Spring of Life(Album-mix)
きゃりー - にんじゃりばんばん
Perfume - Party Maker



Fukuyama Masaharu ANOTHER WORKS remixed by Piston Nishizawa(初回限定盤)(DVD付) TOKYO MOTOR SHOW COMPILATION REMIX- The 42nd TOKYO MOTOR SHOW 2011 OFFICIAL ALBUM Remixed by Piston Nishizawa- MIX TUBE Remixed by Piston Nishizawa LEVEL3

2013/12/27

Perfumeドームツアー大阪&東京参戦!

Perfumeドームツアー
 Perfumeドームツアー初日、終了!!!
やばいなぁ〜LEVEL3の楽曲で盛り上がりーの、あ〜ちゃんの言霊に涙し〜のはもちろんだけど、
とにかく演出が凄かった!!
ライゾマティクスによるプロジェクションマッピングはもちろん、
なんと客席数千人をリアルタイムで3DCG化して、最前列の女の子がPerfumeに指でひょいっとつかまられてたのには…
あまりにも度肝を抜かされて会場がシーンとなるくらい凄かったww
あれ、どうやったのだろう??
すごく気になる(≧∇≦)
Perfumeドームツアー
Perfumeドームツアー千秋楽
結びの一番です!!(≧∇≦)
Perfume東京ドーム公演!!

今年のライブ巡りはこれにて終了!
来年は遂に上陸の世界最大EDMフェス・ULTRAが楽しみです!

♪雪だるまっ⛄️雪だるまっ

2013/12/16

SONY α7はNX5Jと比べても遜色ない完成度…!



α7

 この度3年ぶりにカメラをリプレース。NEX-5からα7へ。
遂に夢のフルサイズを手に入れたので、動画職人視点よりレポ。

α7

はっきり言って、仕事でよく使っているSONY NX5Jと遜色ない。
ズームリングの方向に慣れれば、ドキュメンタリーのような即応性が求められるシーンでも十分に対応できるくらいの操作性とオート性能。

初代NEX-5からずいぶん進化したなぁと。。。


(1)録音レベルが常時表示できる&録音レベルが調整できる!

α7

動画モードにしておけばビデオカメラ上位機種と遜色ない画面!

録音レベル

もちろん録音レベルも調整可能!!
ただ、レベルの「オート」が無い??
でもマニュアルによれば常にリミッターがかかっているので、音割れの心配はなさそうです。

(2)ワンプッシュAFも可能!
ワンプッシュAF

なんとVX1000やVX2000から続く、ハイエンドビデオカメラには必ず搭載されてたワンプッシュオート。
カスタムキー設定をして「押している間AF」にしてフォーカスモードはMFにしておけば、
基本MFで困った時のみボタン押してAF!も可能。
これ、めちゃめちゃ便利っすw

もちろんNEX-5から搭載されているピーキング機能も健在。
一眼ムービーでは難しいとされたフォーカス合わせも苦労なし。
なんかVX2000やNX5Jを使っているようです。。。

(3)ゼブラが100%はもちろん、70%まで細かく設定できる!
ゼブラ
なんとゼブラもNX5Jのように設定可能とはw
NX5J使う時は割りと70%を駆使するので、すげーありがたいっす。

(4)ビデオカメラで使ってた外部マイクが使用可能&オプションでなんとXLRも使用可能!
マイク端子
アクセサリーシューもビデオカメラと同じだし、プラグインパワー付マイク端子も装備!
EOS MOVIEでは搭載例の少ないヘッドフォン端子もあります!!

これじゃあ業務機としてはちょっと・・・という場合でも、ちゃんとXLRアダプタも用意されてるwww
用意周到、すごいとしか言い様が無いです。。。

(5)手ぶれ補正が割りと強力!


アクティブ手ぶれ補正はレンズに搭載されておらず、電子式手ぶれ補正もかかってないそうなのですが、
割りと強めにかかっている感覚です。
上記映像はキットレンズSEL2870の手ぶれ補正をONにして撮影してます。



クリエイティブスタイル
その他にもカラーグレーディング前提時によさげなニュートラルというクリエイティブスタイルも追加されてます。
確かに彩度・シャープネスが抑え気味で好みです。



そんなわけで買ってすぐ撮ってみたテスト映像はこちら!!


編集はiMac2011 + PremiereProCS6、カラーグレーディングはDavinci Resolve Lite10を使用。


というわけで動画機として見て全く不満が無いα7。
Canon EOS 6Dと散々迷いましたが、動画機として、ワンマンオペレーションとして考えた時にα7に軍配が挙がったかなと。。。


次回レポート乞うご期待。