チャンネル登録よろしくお願いいたします!

2011/09/21

FCP10.0.1、Motion5.0.1他アップデート。


FinalCutProXとMotin5、Compressor4、ProApps QuickTime コーデック 1.0.1のアップデートきましたので、早速所有してるFCPXとMotion、QTのアップデートやってみました♪


  • FinalCutPro10.0.1
このアップデートにより、全体的な安定性とパフォーマンスが向上し、以下の機能が追加されます:
• ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは個別のファイルとして書き出せます
• 他社製のワークフローに対応するために、XML の読み込みと書き出しができます
• 編集者間の共同作業を向上させるために、プロジェクトやイベントを Xsan 上に置くことができます
• プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できます
• 接続クリップに 1 回の操作でトランジションを追加できます
• OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできます
• GPU アクセラレーションをオンにした書き出しにより、配信速度を向上できます
 早速AppStore経由でアップデートを試みたら、なんとアップデートができないと弾かれてしまいましたw
これはネット上の皆様も同じようで、当方環境ではとりあえずFinalCutPro.appのみをゴミ箱に単純に投げ捨てたら、再インストールが始まり、無事10.0.1にアップデートできました。
どうやら過去のFinalCutStudioを共存している環境だとこうなるらしいのですが。。。

気をとり直して色々試せる範囲で試して見ましたが、タイトルなどのグラフィックテンプレートが増えたのかな?
ちょっと前バージョンとの比較ができないのでパッと見ですがw

ロール機能でこれでようやくタイムラインの一部を書き出せるようになりましたね!Motionへのやりくりファイルを簡単に書きだすことができます。

また今までテロップにトランジションをかけるにはいちいちシナリオを作成してからじゃないと適用できませんでしたが、
10.0.1からは今までのFCP7以前のようにcommand+Tでかけられまくれます!

あとXML書き出し読み込みも対応しましたが、FCP Xで書き出したXMLファイルは「.fcpxml」ファイルという独自仕様。
FCP6での話ですが、FCP Xで書き出したXMLファイルは読み込めませんでした。
逆もそうで、FCP6で書き出したXMLファイルもFCP Xには読み込めませんでした。



  • Motion5.0.1
Motionの新機能は試せる環境/状況にないので、新機能一覧のみ引用しておきます。

バージョン 5.0.1 の新機能
このアップデートにより、全体的な安定性とパフォーマンスが向上します。以下を含みます:
• デュアルディスプレイに対応します
• マルチチャンネルオーディオの読み込みと再生に関する問題を修正します
• キーフレームをマイナス時間で移動するときの安定性の問題を解決します
• “インスペクタ”を開いているときにテキストが間違って配置される問題を修正します
• 文字を調整したときに文字間のカーニングが正しく適用されるようになります
• “ドラフトモード”でタイトルに空のストリングを入力するときの安定性の問題を解決します