チャンネル登録よろしくお願いいたします!

2011/06/20

追記として…MacOS10.6でNEX-5ファームウェアUPDATEプチトラブル。

前エントリーでNEX-5に最新ファームウェアアップデートをかけたとお伝えいたしましたが、
そのイントールの際、ちょっとしたプチトラブルが。
(ちなみにマシン環境はiMac2011mid MacOS10.6.7 "SnowLeopard"です。)
そうなんです、ソニーのMac用ダウンロードサイトにも書かれてありますが、64ビットカーネルではインストールできないのです!
げ!Windows起動か!?

と思ったら、Adobe Readerのサイトで「32ビットカーネルで実行する方法」が載ってたんです。
Adobe Reader 9.1 のインストール時に「このコンピュータにインストールできません。」エラーが表示される(Mac OS X 10.6)
http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236036.html
この上記ページによれば、再起動の際起動音が鳴った際に3と2を押し続ければ32ビットカーネルで起動できるとのこと。

一応現在何ビットで起動してるのか調べてみたら、
確かに、64ビットカーネルで起動しちゃってます!なるほどだからファームウェアインストールを実行できないんだ〜。

というわけで起動音が鳴った際に3と2を押し続け再起動。
この「起動音が鳴った際」がポイントですw鳴る前から3と2を押し続けてもダメでしたのでw

というわけで
64ビットカーネルと拡張機能のところが「いいえ」と表示され、32ビットカーネルモードで動いていることになります。
確かに、起動と共に立ち上がるsafariやtwitterクライアントなどが遅いw

というわけで無事、SnowLeopardでも無事NEX-5にファームウェアアップデートできました!


・・・そいや、Macって普通に64ビットカーネルで起動してるんですねw
32ビットアプリのiTunesやFCPなども普通に混在して使えてるので、全く違和感なく64ビット化してるところがMacのいい点でもありますな。